【派遣で働こう】大手企業での派遣を希望している方必見の情報をご紹介します。

[2014.04.23]
派遣情報ナビ

派遣情報ナビ

派遣情報ナビ

派遣情報ナビ ここでは、派遣社員として働くための基礎知識について触れてみましょう。派遣社員は、正社員やアルバイトとは何が違うのでしょうか。まずは、雇用契約について大きな違いがあります。それは、正社員やアルバイトは、就業先の企業と直接雇用契約を結びます。そのため、企業は雇用側として、雇用契約を結んだ社員やアルバイトに対して責任が発生します。正社員であれば、厚生年金や健康保険への加入などがあります。各種制度への加入に際しては、雇用側と非雇用側がかかる費用を折半するケースが多く企業側にも負担がかかります。それに対して、派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結ぶため、派遣先の企業にこのような負担は発生しません。各種保険や年金制度への加入に関しては、登録した派遣会社により条件が変わるため登録時に確認をすることをおすすめします。企業側のメリットとしては、単純にこのような負担がないだけではなく、人材が必要な時に必要な期間を区切り、そのときだけ派遣社員を雇うことができることが一番大きなメリットとなります。

このような期間を区切ることで派遣会社に登録している派遣社員側にもメリットがあります。一般的なアルバイトに比べて、時給が高く個人が持っているスキルを活かせることです。また、それだけではなく、1ヶ月単位の短期間や、数ヶ月間などご自身のスケジュールに合わせて仕事を選べることもメリットとして挙げられます。例えば、3ヶ月後に海外へ行く予定でその間に収入が欲しい場合などは、正社員などで雇用されることは難しいですが、派遣社員であればその期間にあった案件を探すことでお互いにメリットのある働き方を提供することが可能です。

また派遣社員で働く場合には、複数の派遣会社に登録をすることができます。派遣会社ごとに派遣先企業はバラバラであり、また派遣会社によって得意な業種などもあります。そのため派遣社員で働くことを考えている方は、複数の会社に登録をして自分自身の希望に一番マッチした案件を探すことが出来ます。最近では、紹介予定派遣の制度もありますので、この制度を利用すれば正社員として就業する前の一定期間を派遣社員として働くことが出来ます。会社情報は正確ではありますが、雰囲気や社風などなかなか条件では表しにくい部分も実際にその会社で働くことで体験が可能となります。紹介予定派遣は、一定期間派遣社員として働いた後に企業側と派遣社員の双方が合意すれば、正社員として採用されます。もちろん、どちらかの断りがあればそこで派遣契約が終了し、企業側は新しい派遣社員を入れるなどの対応を行います。派遣社員についても同様に今度は別の会社へ派遣をされます。両社で企業や仕事内容を確認した上での就業となりますので入社後のミスマッチが起こる可能性は低くなるため、両者に取ってメリットがあります。このように派遣社員で働く方法は様々ですので、正しい知識を持って、派遣社員を行いましょう。